Fukucyan's Photo

季節のお花や小鳥etc

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れのスイスの山々

2010/07/24 18:18 ジャンル: Category:
TB(0) | CM(6) Edit

高校時代、図書館できれいな写真を見ては憧れていたスイス、ついに行く事が叶いました。
1ドル360円の時代行ける筈などないものと思い込んでいたのに、時代は変わりました。
私にもチャンスが訪れ、なんと全行程、お天気に恵まれて感動の山旅になりました。
「4大名峰とハイキング」
きょうはやっと名峰の写真をリサイズしましたので早速アップしました。
目の前に見えたグランドジョラスはやはり加えねば、、、、それで5枚となりました。
アイガー北壁も加えたい、想像を絶する凄い壁でした。

こんなにもきれいな風景が、木造の古い小屋、手入れの行き届いた牧草地どこまでも連なる絶壁、点在する村々に
あるいろいろな形の教会、石の瓦、厳しい自然の中で営んできたのだろうと思う人々の生活を思いながら快適な旅を楽しみました。
__________________________________________________________________

ディアボレッツア展望台から眺めたベルニナ山群の最高峰ピッツベルニナ 7月14日、チューリッヒよりハイジの村マイエンフェルトへ、その後ユリア峠を越えて、この日はサンモリッツ泊。



__________________________________________________________________
サンモリッツ駅より氷河急行に乗ってアンデルマット駅で降りバスでフルカ峠へ上りローヌ氷河を見学の後ツェルマット泊、翌16日、いよいよ列車を乗り継いでゴルナーグラートヘ、ローテンボーデン駅からリッフェルベルクまでのハイキングです。花は満開、お天気は快晴の中、マッターホルンを眺めながらの散歩道、すばらしいの一語でした。
リッフェル湖の逆さマッターホルンも見ることが出来ました。

1007220.jpg

_________________________________________________________________
17日は移動日です。ツェルマット駅から1つ目のティーシュ駅からバスに乗り換えフランスのシャモニーに向かいました。モントルーで食事をしてシオン城に立ち寄り、その後世界遺産になっているブドウ畑の中にあるラヴォー地区でぶどう酒の試飲を楽しみレマン湖畔を走ってジュネーブへ、花時計のあたりをしばらく散策して一路シャモニーへ、、、、、
日の出は5時54分、起きていたのでベランダに出てみると手前にある山の向うにエギーユ・ドウ・ミディのロケット展望台が朝日に照らされてきれいに見ることが出来ました。朝食の後9時頃には3842mにある展望台に向かってロープウェイを乗り継いで、上りました。いとも簡単に、エレベーターかと思うくらいの角度でぐんぐん進むのには驚くほかありません。瞬く間に富士山よりも高いところへ登ってしまうのですから、感動です。
そしてまた、眼前にかの有名なモンブランとその左にはグランジョラスの威容を見ることが出来、快晴なので遠くに、マッターホルンもはっきりと望む事ができました。360度今まで見たこともない山容に興奮気味でした。
その後、フランス国境を越えてインターラーケンに向かいました。
インターラーケン、懐かしい思い出があります。高校生のときここに住む女の子と文通していました。どこかに暮らしているのだろうかと思いながら、散歩して小さなくさっぱらにあるブランコに乗ってみました。
傍らをとうとうと川が流れています、これはプエンツ湖からインターラーケンを挟んで反対側にあるツゥーン湖にながれているのです。
思えば、長い時間が過ぎたものです。今ここに来ているのだなぁと言う思いで懐かしさいっぱいでした。

インターラーケン泊。
1007219.jpg
___________________________________________________________________
グランドジョラスの山塊
1007215.jpg
__________________________________________________________________
登山列車を乗り継いでラウターブルネンからウェンゲンへここからはロープウェイでメンリッヘンまで上ります。
グリンデルワルドの町が眼下に見えていました。いよいよ、夢のハイキングです。
ガイドさんに急かされながらも花の写真を撮りながらクライネシャイデックまで花花花、真っ盛りすばらしいハイキングでした。昼食の後は、次なる目的、ユングフラウヨッホへと上ります。
昨日に続いて3454mの高所です。途中下車して岸壁の中にくり貫かれたあの有名な展望窓、恐る恐る覗いてきました。展望台からは広大なアレッチ氷河を眺めてきました。
帰りはグリンデルワルドの方に下山して電車でインターラーケンオスト駅に帰り着きました。
このとき、車窓からアイガー北壁を眺める事ができます。
長い長い乗り物に乗った1日でした。
駅前のスーパーに寄ってショッピングも楽しみました。インターラーケン泊。

20日は帰国の日、チューリッヒ空港から、夜に出発なのでゆっくりと近くの山の上にあるシーニゲプラッツの植物園へ、登山電車でゆっくりゆっくり、花や、牧草地の牛たちを見ながら進みますとアイガー、メンヒ、ユングフラウ3山がパ~と目に飛び込みます。快晴の中なんとも言いがたい美しさでした。

100721a1.jpg
スポンサーサイト

プロフィール

HN:ふくちゃん

  • Author:HN:ふくちゃん
  • My profile

    住所(和歌山県北部)
    性別(女性)
    今、デジカメとパソコンで毎日楽しく過ごしています。その他の趣味は宗次郎さんのオカリナを聴く事、1988年頃から自分も毎日練習しています。
    MyCamera-nikonD70 s
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。